お風呂の小窓に網戸をつけよう

毎日暑い日が続きますね。それなのに、虫が入るのがいやで、窓を閉め切ってお風呂に入っているピョン子。我が家と同じやり方で網戸を作ることにしました。

画像


団地のお風呂は滑り出し窓なので、普通の網戸はつきません。ユニットバスではないので、窓もあって開放感はあるけれど窓周りはガタガタ。配管むき出しの味気ない浴室に、ヒノキの出窓風網戸をつけます。
画像


画像使ったのは桧材9×24と、9×90
窓巾一杯で、高さは窓より少し高めにして一部に網を張った枠。
そして開口部分の窓、両側の枠、窓台を作ります。
開口する窓部分は、巾は少し小さめのサイズで。L字の金具で四隅を補強。
両面テープで網を張って、押さえ用のテープで止めつけます。

画像まず枠をつけたら、窓台を置いて下を挟みこんで固定。次に窓、一番手前に両側の枠をつけ、窓が動くだけの隙間を取って、両側の枠の上のほうをツッパリで固定して出来上がり。窓のすべりが悪いときには、両側に敷居すべり見たいのを張っちゃう。その分窓が厚くなるから、両側の枠をずらせばOK.。

画像
窓を閉めるとこんな感じ。
アバウトなやり方だけど、我が家はこれで何年も使っているから大丈夫。
暑い時は、お風呂でさっぱりがいいですねー


こちらは新バージョン、進化して簡単になりました
かんたーんな網戸の作り方 新バージョン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック